Macbook Pro 2018の第3世代バタフライキーボードの感想

Macbook Pro 2018の第3世代バタフライキーボードの感想

Macbook Pro2018を購入したので、ちょっとずつレビューをしてみます。
今回の記事では、Macbook Pro 2018から搭載された第3世代バタフライキーボードについてレビューしてみます。

・MacBook Pro2018の第3世代バタフライキーボードは第2世代とどう変わった?
・以前のパンタグラフキーボードとの比較
・3日間実際に使ってみた個人的な感想


Advertisement

第3世代バタフライキーボードの第2世代からの変更点

・タイプ音が静かになった!
・故障に強くなった!

タイプ音が静かになった

第二世代のキーボードを使ったことがないのでわかりませんが、ネットでいろんな記事を見る限り結構静かになっているようです。
キーボードの隙間からゴミが侵入して壊れるのを防ぐために、「膜」を張っているようなのですが、これがタイピング時の緩衝材の役割も担っているものと思われます。

僕が実際にタイピングしてて少し気になるのは、キーによってタイプ音が微妙に違うことですね。
不具合でないことを祈りますが、僕のMBP2018(JISキーボード)は「1」のキーがやたらパチパチ言います。
あと、「↑」と「↓」のキーもパチパチ言いますね。パチパチというよりかはカチカチって感じかも。とにかく、他のキーと比べると高い音です。キーの大きさが異なるので、音の違いが多少でるのは当たり前なんですが、気になります。
特に「1」キーは膜が張られてないんじゃないか?と少し疑いたくなる程度に、高周波音がなります。

故障に強くなった(と思われる)

第一世代、第二世代、は故障率が高く、Appleも設計の欠陥を認めて?か、無償の修理プログラム(修理あるいは、一部キーの交換/キーボード全部の交換)を提供すると発表しています。
MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム – Apple サポート

また、こんな記事も公式が出しています。
MacBook や MacBook Pro のキーボードのお手入れ方法

対して、第3世代のバタフライキーボードは前述の通り「膜」を張ることで故障の原因となるゴミがキーボードの隙間に入りにくいようになっています。
過去2度の失敗を経てのものなので、改善がされているものと思います。

2015年Macbook以前に採用されていたパンタグラフキーボードとの比較

僕がMacbook Pro 2018に乗り換える前に使っていたのが2013年モデルで、この時は一般的なパンタグラフキーボードでした。
パチパチうるさいだの打ちづらいだの散々な評価をされているバタフライキーボードですが、MBP2018で初めてバタフライキーボード使った僕の感想は、「全然いいじゃん!」です。
打鍵感は、パチパチというよりかはクククク、ココココ、って感じですね。(上記の通り、数字の「1」等一部キーはパチパチ言いますが…)
個人的にはパンタグラフキーボードより好みです。

【まとめ】3日間実際に使ってみた個人的な感想

ブログのライティングで3日程使った感想ですが、普通に良いです。
もともとキーストロークが浅いキーボードが好みなので、旧Macbookに採用されている(あるいは一般的なノートPCに採用されている)パンタグラフタイプのキーボードよりもキーストロークが浅いバタフライキーボードは、僕は好きです。

気になるのは耐久性ですね。
当たり前ですが3日程度使っただけじゃわからないです。
使用感含め、1年後くらいに再レビューをしてみようと思います。

関連記事

【Macbook Pro 2018】13インチor15インチどっちを購入するか悩まれている方へ

Appleカテゴリの最新記事