ギター用コンプレッサーの使いどころ

ギター用コンプレッサーの使いどころ

ギターのエフェクターの話です。

僕は演奏する曲によってはコンプレッサーというペダルを使います。
オーバードライブやディレイといったペダルに比べて劇的に音が変わるものではないため、他のエフェクターと比べて使い所がわかりづらいエフェクターの一つだと思います。
今回はコンプレッサーを使うことによって何が良くなるのか?をなるべく論理的に説明してみます。
最初に書いておきますが、以下はコンプの使い方の、僕の場合の一例にすぎないということをご了承下さい。かなり奥の深いエフェクターなので、正直僕も全てを使いこなせていません。
僕自身かなり拙い知識ではありますが、コンプペダルを買おうか迷っている方に何らかの力になれれば幸いです。

Advertisement

コンプレッサーを使う理由

音の粒が揃う

コンプレッサーがサウンドに与える理論的な効果や、詳細なパラメータの説明は他に譲りたいと思います。
端的に言うと、音を圧縮する効果をもたらします。ある一定の音量(スレッドショルド)を超えた時に、その音を押しつぶす役割があります。
これによって音の粒を揃えやすくすることができるのです。

(余談)コンプは下手をごまかすエフェクター?

音の粒を揃えるということは、言い換えると音の強弱のバラツキをなくすということになります。
よって、コンプレッサーを強くかけると、右手のピッキングが多少雑でも音の粒が揃うようになるので、下手をごまかすツールにも使えてしまうというのはある程度真実です。ただ、音楽の表現として、音の強弱(ダイナミクス)は非常に重要な要素であり、音の強弱がないとメリハリのない単調かつ打ち込みのような機械的なサウンドになってしまいます。なので、下手は(多少)ごまかせても上手くはなれないんですね。

どんな時に使うと効果的なのか

では、下手ごまかし以外にどのような時に使うのか考えてみます。

以下、僕の場合の使い方です。かつ、一例にすぎません。
結論から言うと、ゲイン低めの曲(クリーン〜クランチ)で、単音と和音のフレーズが入り混じってる曲なんかに使います。

例えばこんな曲があったとしましょう。1曲通して、クリーントーンの曲とします。

イントロ:コードストローク
Aメロ:アルペジオ
Bメロ:コードカッティング
サビ:単音カッティング

こんな曲があったとしましょう。
なおかつ、それぞれのセクション毎でギターの目立ち方を一定にしたい曲だったらどうしましょう。
更にいうと、サビが特に盛り上がる曲だったら?
こんな時ありがちな問題が以下です。

  • イントロのコードストロークからAメロのアルペジオに移った途端、ギターが埋もれる。
  • AメロのアルペジオからBメロのコードカッティングに移った途端、ギターがうるさくて曲中で浮く。
  • サビの単音カッティングのギターが埋もれてしまう。

こんなとき、音の粒を揃えるコンプレッサーが非常に役に立ちます。

上記問題の原因を考えてみます。
まず、同じ力で1本のみの弦を弾いた時と6本の弦同時に弾いた時、どちらが音量が大きいでしょうか。
アンプがクリーンセッティングの場合、ほぼ間違いなく後者、つまり6本同時に弾いた時の方が音が大きいです。当たり前ですね。
1本の弦を鳴らすフレーズがあったり、複数の弦を同時に鳴らすフレーズが混じってる曲の場合、上記問題が起きやすいのです。

では、上記のような曲の場合に、演奏方法だけで解決する方法を考えてみましょう。
1本の弦を弾いた時と6本の弦同時に弾いた時の音量を同じくらいにするためにはどうすれば良いでしょうか。これは単純化すると
6本の弦を同時に弾く時の力=1本の弦を弾く時の力*1/6
となりそうです。つまり、イントロのコードストロークをする時は単音カッティング時の1/6くらいのよわーいピッキングをすれば良さそうです。もしくは、サビで単音カッティングするときはイントロのコードストローク時の6倍の力を込めてカッティングすれば良さそうです。こうすることで音量をある程度揃えられそうですね。ただ、こういう弾き方をすると揃わないものがあります。それはアタック感です。
つまり、ピッキング時の弦とピック(あるいは指)が接触する際のノイズ量および撥弦された直後の瞬間的なエネルギー量とそれが減衰するスピードの特性が異なるわけです。一言で言うと音楽的なニュアンスが全く異なるんですね。

こういう時に、適切なセッティングをしたコンプレッサーをかけてあげることで、アタックやサスティンといった音楽的な表現を損なわず、強弱の表現の余地もある程度残しつつ、音の粒(音量)を揃えることができるようになります。
ただし、スレッドショルドを超える音は圧縮されるため、その時の音質は変わることには留意が必要です。

単音フレーズやアルペジオで音抜けが良くなる

コンプを使うことで大きい音を圧縮してくれるので、小さい音との音量差が狭くなります。
これによって、例えばコードストロークからアルペジオや単音フレーズに移っても、単音フレーズが持ち上がって聞こえるようになります。
コンプは下手ごまかしなんていうネガティヴな理由ではなく、ポジティブな理由で積極的に使いたくなる非常に有用なエフェクターなのです。

ボリュームペダルではダメなのか

純粋に音量を揃える解決策として、ボリュームペダルを使うという手があります。
ボリュームペダルについては本稿では割愛しますが、音量を揃えるアプローチの仕方、得られるサウンドが、コンプとボリュームペダルで異なります。上記の曲例ではわかりやすいように曲のセクション毎の音量差を埋める例としていますので、上記例で言えばボリュームペダルでも解決可能です。
コンプは原音を加工していると言う点で異なります。(アタックを持ち上げつつ、サスティンを伸ばすというような積極的な音作りが可能)
これは曲によっての使い分けになると思います。
ただ、コンプを使えば同一のフレーズ内で一音一音の粒を揃えることもできます。
ボリュームペダルで一音一音の音量をコントロールすることは不可能でしょう。

まとめ

右手のピッキングの強さでサウンドをコントロールすることはもちろん大切です。
右手のピッキングで自分が思い描いているニュアンスの音をきちんと出せていることを前提すれば、コンプレッサーというエフェクターを使うことで音楽的に本当に良い効果をもたらしてくれます。

長くなりましたが、以上になります。
繰り返しになりますが、上記はコンプの使い方の、僕の場合の一例にすぎないということをご理解下さい。
僕が使っているコンプレッサーペダルはFREE THE TONEの「SILKY COMP」というものです。
とても良いペダルです。商品レビューについてはこちらの記事で紹介しています。

Musicカテゴリの最新記事