iPhone6Sのバッテリー交換をしてきた(6以降の機種は2018年内なら安く交換できます)

iPhone6Sのバッテリー交換をしてきた(6以降の機種は2018年内なら安く交換できます)

こんにちは、Y(@y_m4a)です。

現在使っているiPhone6S(満3年くらい使用)のバッテリーの最大容量が83%と、本来より17%程低下しており、1日も満足にバッテリーが持たないためバッテリー交換をしてきました。

iPhone6以降のiPhoneであれば、AppleCare+の保証対象外となっている場合でも、2018年内なら本来8,800円のところ3,200円でバッテリー交換ができるので、新しいiPhoneを買う予定がない方でバッテリー容量が低下気味の方は、バッテリー交換を年内にやってしまいましょう。

2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデル (iPhone SE を含む) の保証対象外バッテリーサービス料金を 3,200 円とさせていただきます。なお、3,200 円にてバッテリーサービスを受けられるのは iPhone 1 台につき 1 回限りとさせていただく場合があります。2019 年 1 月 1 日以降は、iPhone X の料金が 7,800 円に、その他すべての iPhone モデルの料金が 5,400 円に改定されます。
iPhone の修理 – バッテリーと電源

この記事では、iPhoneのバッテリー交換をするまでの流れを解説したいと思います。

Advertisement

バッテリー状態の確認

まずはiPhoneのバッテリーの状態を確認しましょう。

「設定」アプリ -> 「バッテリー」 -> 「バッテリーの状態」

ここで「最大容量」と書いてあるところが80%程度まで低下している場合、バッテリー交換をした方が良いです。

バッテリー交換の予約と予約のコツ

予約は以下のURLからアクセスして行ってください。
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power


「バッテリー交換を申し込む」リンクをクリックします。(キャプチャはMacからの画面ですが、iPhoneからでも同様です。)
その後、ログイン画面が表示されるので、AppleIDでログインします。


このような画面が表示されたら、「持ち込み修理」をクリックします。
なお、「配送修理」を選択すると即日での交換ができず、数日間iPhoneが使えなくなる期間が発生するのでオススメしません。


こんな感じの画面が表示されたら、検索ボタンを押して近くのサービスプロパイダ(バッテリー交換が可能な場所)を検索します。


Apple Store銀座で交換したい場合はApple Store銀座を選ぶと予約可能な日時が表示されるので、時間をタップすると即座に予約が完了します。

なお、Apple Storeの銀座、新宿、表参道に関しては、予約は5分刻みで予約受付されてまして、“1週間後の現在時刻-10分”まで先の予約が可能です。

実際に見ていただければわかりますが、ほとんど予約一杯です。

なので、バッテリー交換をしたい日時の1週間前の日時からこの予約画面を表示させて下さい。

例えば、10/16(日)の16:30に予約したい場合は、1週間前の10/7(日)の16:40から予約が開始されますので、10/7(日)16:40に予約画面を開けば高い確率で予約ができます。
Apple Store以外のサービスプロパイダについては未確認

ちなみに、運良くキャンセルが発生していれば、翌日予約や当日予約も可能です。

なお、注意点ですが、バッテリー交換には2時間かかりますので、それを頭に入れた上で予約時間を選択して下さい。


このような画面が表示されたら予約完了です。
指定の時刻にお店に行けばバッテリーを交換してくれます。

当日の流れ

スタッフにバッテリー交換で予約していることを伝える

スタッフさんにバッテリー交換の予約をしている旨を伝え、名前を聞かれるので答えます。

バッテリーの状態を確認される

スタッフさんがバッテリーの状態を確認してくれます。

これは上記のiPhoneの設定画面のような簡易的な確認ではなく、iPhoneをApple Store内の特殊なネットワークに接続し、リモートからバッテリーの情報を取得するようなやり方でした。

iPhoneのバッテリーの最大容量だけでなく充電回数もわかり、診断結果によると僕のiPhoneはバッテリー交換推奨というステータスでした。

僕のiPhoneは充電回数が700回で、寿命とされている500回を大きく超えていたからです。

バッテリー交換をする(2時間かかります)

万が一の時はデータが消えること、分解してもし中身が濡れていた場合とかは交換しないか、あるいは本体交換として別途料金を取るということ、等といった説明を受け、内容に同意してサインをしたらiPhoneを預けます。

上にも書きましたが、バッテリー交換には2時間かかります。

適当に近くで時間を潰し、2時間後くらいに引き取りに来て、完了となります。

まとめ

iPhone6SやiPhone7あたりを使っている方はそろそろバッテリーが低下している時期だと思いますので、年内に交換しておくことをおすすめします。

冒頭で書いた通り、年内であれば通常より安くバッテリー交換が可能です。

[2018/10/16追記]
バッテリー交換後しばらく使ってみましたが、やはり全然違いますね。
バッテリー交換前:朝(7時頃)100%/夕方(17時頃)20%くらい
バッテリー交換後:朝(7時頃)100%/夜(21時頃)30%くらい
って感じです。体感、4時間くらい伸びた気がします。

Appleカテゴリの最新記事