【レビュー】Manfrotto(マンフロット)ミニ三脚「POCKET」が超便利

【レビュー】Manfrotto(マンフロット)ミニ三脚「POCKET」が超便利

こんにちは、Y(@y_m4a)です。

今回はカメラの三脚の話。

三脚を運ぶのって重いしでかいしで、億劫ですよね。

でも、三脚を持ってないとこんな感じで困る時がそれなりの頻度で訪れます。

・集合写真を撮りたいけど三脚を忘れた。。
・スローシャッターで夜景を撮りたい!でも三脚がないから手持ちで妥協…。
・卓上にカメラを置いて自撮りするYoutuber

誰もが経験してそうな話です。

こんな時にとる苦肉の策としては、カメラを適当な場所に直置きして撮影するという方法ですね。

ただ、直置きだとカメラがどうしても水平になってしまいますので、好みのアングルにできない場合がほとんどかと思います。

もう少し上に向けたいけどどうしよう…となった時、適当なモノを見つけてカメラの下に忍び込ませ、なんとか角度をつけて…なんていう試行錯誤をした経験がある方も多いと思います。

そんな時、Manfrottoの「POCKET」が超絶便利です。

本体に常時つけっぱなしにしてても気にならない小ささのミニ三脚。

これさえあれば、適当な設置スペースさえ確保できれば、簡易三脚としていつでもカメラを固定して撮影が可能です。

カメラ直置きと違って、角度もつけられますし、ある程度の不整地にも安定して置ける優れものです。


POCKETシリーズ | マンフロット(Manfrotto)公式サイト

Advertisement

種類とスペック

メーカーはマンフロット。
三脚等のカメラアクセサリメーカとして有名ですね。

「POCKET」はSサイズとLサイズがあります。違いは以下の表の通りです。

種類 最大耐荷重 厚さ(折りたたみ時)
POCKET Sサイズ(MP1) 0.6㎏ 8mm以下
POCKET Lサイズ(MP3) 1.5㎏ 9mm以下

Sサイズはコンデジ用、Lサイズはコンデジ〜ミラレス、パンケーキレンズの一眼レフまで対応、って感じでしょうか。

外観

外観はこんな感じ。

右二つがSサイズ、左がLサイズです。

立てるとこんな感じ。

ラバー付きの脚なので滑りにくいです。

脚の角度はそれぞれ独立して自由に角度を変えられるので、フラットでない場所でも活用できます。
後ろの足を大きく開けば仰角をつけられます。

一般的な三脚の規格のネジがついています。

サイズがとても小さいのでカメラに付けっ放しにしても問題ありません。

G7XにSサイズのPOCKETをつけて足を開き、立たせている時の絵。

a6500(本体重量453g)にSEL50F18(本体重量202g)をつけた状態で、LサイズのPOCKETを装着し、足を立たせた時の外観はこんな感じです。

作例

実際にこの三脚を使って撮影したものを何枚か載せておきます。


SONY a6500

Canon G7X Mark2

Canon G7X Mark2

おわりに

普通の三脚に比べて全く荷物にならないですし、お値段もお手頃なので1つくらい持っていて損することはないと思います。

ここぞという時の”機会損失”を少しでもなくすための保険として、とてもおすすめです。

カメラ機材・アクセサリカテゴリの最新記事