mineo(マイネオ)がソフトバンク回線を利用したプラン開始!

mineo(マイネオ)がソフトバンク回線を利用したプラン開始!

mineoのプランに、従来のDプラン(ドコモ回線)とAプラン(au回線)のSIMに加えて、ソフトバンク回線のSプランが加わります。
ついに3大キャリアに対応したことになります。
2018年9月4日よりサービス提供開始です。

今回はmineoのSプランの料金と他のプランとの違いについてまとめてみようと思います。
格安SIMに乗り換えを検討されている方の参考になれば幸いです。
なお、格安SIMに乗り換えるメリットについては別記事にて語っているので参考にしていただければと思います。

MVNOに変更したら色々と豊かになった話


料金プランの比較

まずmineoのSプラン、Dプラン、Aプランの料金を比較してみましょう。

シングルタイプ:データ通信SIM

(カッコ内はSMSオプション付き)

容量 Sプラン(softbank) Aプラン(au) Dプラン(docomo)
500MB 790円(970円) 700円(700円) 700円(820円)
1GB なし 900円(900円) 800円(920円)
3GB 990円(1,170円) 900円(900円) 900円(1,020円)
6GB 1,670円(1,850円) 1,580円(1,580円) 1,580円(1,700円)
10GB 2,610円(2,790円) 2,520円(2,520円) 2,520円(2,640円)
20GB 4,070円(4,250円) 3,980円(3,980円) 3,980円(4,100円)
30GB 5,990円(6,170円) 5,900円(5,900円) 5,900円(6,020円)

税別価格
SMS使用基本料金が、Aプランが0円、Dプランが120円、Sプランが180円となっています。
Sプランは他のプランと比較して割高です。

デュアルタイプ:データ通信+音声通話SIM

容量 Sプラン(softbank) Aプラン(au) Dプラン(docomo)
500MB 1,750円 1,310円 1,400円
1GB なし 1,410円 1,500円
3GB 1,950円 1,510円 1,600円
6GB 2,630円 2,190円 2,280円
10GB 3,570円 3,130円 3,220円
20GB 5,030円 4,590円 4,680円
30GB 6,950円 6,510円 6,600円

税別価格
こちらも同様、SプランはAプランよりも440円高い料金設定になっています。

トリプルキャリアキャンペーン中

mineoでは音声通話SIMを契約すると半年間月額333円~利用できる「祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」を開催中です。
キャンペーン期間中に新規申し込みをすると、6カ月間333円(税抜)/月〜で利用できます。
これはSプランに限らず既存のAプラン、Dプランにも適用され、非常にお得です。
キャンペーン期間は2018/7/24(火)〜2018/11/6(火)となります。

容量 Sプラン(softbank) Aプラン(au) Dプラン(docomo) キャンペーン料金(共通)
500MB 1,750円 1,310円 1,400円 333円
1GB なし 1,410円 1,500円 433円(Sプランはなし)
3GB 1,950円 1,510円 1,600円 533円
6GB 2,630円 2,190円 2,280円 1,213円
10GB 3,570円 3,130円 3,220円 2,153円
20GB 5,030円 4,590円 4,680円 3,613円
30GB 6,950円 6,510円 6,600円 5,533円

料金まとめ

Sプランが全体的に高い料金設定になっていますが、大手キャリアから乗り換える方からすれば、誤差の範囲内かもしれません。
また、最低利用期間や解約時の解約金はどのプランも共通してかかりません

各プランの違い

各プランの違いについてまとめていきます。

通信可能エリア

Sプランは、Dプラン・Aプランと利用できるエリアが異なりますので、念のため確認しておきましょう。
基本的に都市部ではどのプランでも普通に使えますが、山間部等では各プランで差があります。

ソフトバンクのサービスエリアマップ

2018/08/19現在のスクリーンショット

docomoのサービスエリアマップ

2018/08/19現在のスクリーンショット

auのサービスエリアマップ

2018/08/19現在のスクリーンショット

SIMロック解除について

mineoのSプランは、ソフトバンクが販売したiPhone 5以降のiPhoneとiPad全機種がSIMロックがかかったままで利用できます。
また、ソフトバンクが2017年8月以降に販売したAndroid端末もSIMロックがかかった状態でのSプランのSIMの利用が可能です。
SIMロック解除の面倒な手続きなしですぐに乗り換えて毎月の料金を安くしたい人には最適ですね。
なお、AプランやDプランについてはSIMロック解除が事前に必要なケースがあるので注意が必要です。

また、Aプランでは現時点(2018/08/19時点)ではiPhoneでのテザリングが非対応ですが、Sプランは対応しています。
なお、Aプランも2018年10月末にはiPhoneでのテザリングが利用できるようになります。

通信速度

現在筆者はAプランを利用していますが、通信速度はお世辞にも早いとは言えません。
この辺、基本料金が安いのである程度の妥協は必要です。
この傾向はDプランでも同様なので、Sプランでも同じかと思います。
また、現在キャンペーン中ということもあり、契約者数が増えていると思いますので、近々での改善見込みも無さそうというのが現状です。

まとめ

格安SIMに変更することのメリットは何よりも安くなることです。
個人差があると思いますが、現在大手キャリアと契約されている方は少なくとも毎月4,000円以上は安くなるのではないかと思います。
浮いたお金で、iPad用の回線を契約したり(それでもお釣りがきます)、別の月額サービスを契約したり、貯金したり、いろんなことができます。大手キャリアに拘る特別な理由がなければ、この機会にmineoに乗り換えるのはアリかと思います。
契約期間の縛りもなければ、現在利用中のスマホをそのままに(※現在ご利用のスマホがそのままmineoで使えるかはmineoのHPにて必ずご確認下さい)mineoにサクっと乗り換えるのはアリかと思います。

Lifehackカテゴリの最新記事