MVNOに変更したら色々と豊かになった話

MVNOに変更したら色々と豊かになった話

2017年末に、僕はauからMVNO(mineo)に変更しました。
詳細は別記事に投稿しますが、現在の月々のスマートフォンの通信料金は3,600円程度です。
auに契約していた時代はiPhoneの1回線だけで1万円弱かかっていたため、毎月の通信費が約6,000円以上浮きました。
もちろん、毎月使える通信量は乗り換え前後で同等という契約条件の元での話です。
僕はこの浮いたお金の一部を他のサービスに投資しました。
MVNOは通信速度が遅くなるとか電話の音質が悪い?とかデメリットも少なからずあるようですが(僕はあまり感じていません)、「MVNOによるサービス劣化量」と「MVNOによって浮いた金額で得られるサービス」を天秤に乗せてみて、MVNOに乗り換えるメリットを再評価したいというのがこの記事の趣旨です。
MVNOに変えることで◯◯円安くなる!というより、その浮いたお金でどんな’サービス’を受けることができるか、という切り口で、実際の自分の場合を例示して紹介していきます。

MVNOに変更して浮いた金額で契約したサービス

Adobe CCフォトプラン


Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) 2017年版 |12か月版|オンラインコード版

月額料金:980円
写真を趣味にしているので、契約しています。
メーカー付属の現像ソフトより圧倒的に高機能・効率的・高品質な現像ができるLightroom、もはやなんでもできるPhotoshop。この2つがあればとりあえず写真編集に関して困ることはありません。

Amazon Prime


月額:325円(年間プラン3,900円の月換算)
Amazonのヘビーユーザなので契約中。
これは実はMVNOに変える以前からずっとお世話になっています。

・お急ぎ便が無料
・お届け日時指定便が無料
・Kindle本が毎月1冊無料で読める
・プライム会員限定先行セール
・プライムビデオで映画やドラマが見放題
・Prime Musicの音楽が聴き放題
・プライムフォトで写真が保存できる(写真を何枚でもオンライン上に保存できるサービス)

サービス内容がかなり充実しているので、簡単に元がとれちゃいます。

Kindle Unlimited


月額:980円
Kindle Unlimited対象の本や雑誌が読み放題です。
音楽雑誌ですとSound&Recording Magazine、Guitar Magazine。
カメラ雑誌ですと、デジタルカメラマガジン、デジキャパ(現在はバックナンバーのみ)
が、Unlimitedとして配信されています。

雑誌以外にも音楽やカメラのノウハウ書籍が多数あります。
もちろん、小説や新書もあります。
読書も趣味なので契約中。

Microsoft Office 365 Solo


Microsoft Office 365 Solo (最新 1年更新版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad対応

月額:約980円(年契約での月換算)
・Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Accessがインストール可能 (PublisherとAccessはWindows版でのみ利用可能)
・2台のWindows PCまたはMacと2台のタブレット(iPad、Android、Windows)、2台のスマートフォン、合計6台でご利用可能
・常に最新バージョンのアプリケーションと、継続的にアップデートされる最新の機能が利用可能
・1TB分のオンラインストレージ「OneDrive」、世界の携帯電話、固定電話に毎月60分通話できるSkype通話プランが付帯。

MacでOfficeが使いたいのと、1TBのオンラインストレージが魅力的(僕は主に写真のRAWデータのバックアップに使ってます)なので契約中。

iCloud Drive 50GBプラン


月額:130円

カメラロールにたくさん写真を入れられ、かつiPhone/iPad/Macでクラウドで同期して閲覧できるので、無料(5GB)より拡張して50GBプランで契約してます。

iTunes Match


月額:332円(年契約3,980円の月換算)

クラウド上に音楽を同期しておけるサービス。
AppleMusicと似ていますが、こちらは自分が持っているCDや音源をクラウド上に同期できるサービスです。
同期した音楽は好きなAppleデバイスから聞くことができます。
大量の音楽をクラウドに同期しておけるので、好きな時にダウンロードして聞けます。
なのでiPhoneの容量の節約(最近は大容量化が進んでるのであまり需要ないかもしれませんが)も可能です。

ここまでの合計金額

サービス 料金(月換算)
Adobe CCフォトプラン 980円
Amazon Prime 325円
Kindle Unlimited 980円
Microsoft Office 365 Solo 980円
iCloud Drive 50GBプラン 130円
iTunes Match 332円
合計 3,727円

これだけ契約しても、MVNOに乗り換えて浮いたお金(6,000円)でまだお釣りが来ます。

MVNOによるサービス劣化量

「当たり前品質」は担保されている

電話ができない、ネットに全く繋がらないということはmineoに関しては僕の場合は全く無いです。
大手キャリアと比べて、半額以上に安くなっていますが、サービスが劣悪になったという印象は全くありません。

通信速度について

遅くなります。これは体感可能なレベルです。
ただし、それも結構時間帯と場所によってまちまちです。
場所:都内の地下鉄で速度が劣化する。なお、それでもYoutubeの動画はhd画質で視聴可能。
時間帯:平日朝の通勤時間帯7:00〜9:00、帰宅ラッシュ時間帯18:00〜19:00あたりはややつながりづらい。

上記の場所・時間帯以外については、大差ないというのが僕の個人的な印象です。

まとめ

正直、趣味の枠は広がるし、生活は色々便利になるしで、
僕は今更これらのサービスを切り捨ててまでして大手キャリアに戻ろうは一切思いません。

大手キャリアに拘る理由って一体なんでしょう?
音楽の音質は拘りますが、電話の音声の品質に僕はそこまでこだわりがありません。(mineoに変えて特に劣化したとも感じてませんが。。)
僕の場合、そんなに動画も見ないので通信速度が多少遅くても困りません。(動画も普通に見れてます。)
Webの閲覧でストレスを感じることもあまりありません。(地下鉄のごく一部の区間でつながりにくいことがありますが。。)

価値観は人それぞれですし、上記で紹介したサービスは一例です。
それ以前に、お金の使い方は人それぞれです。
参考程度にしていただければと思います。



Lifehackカテゴリの最新記事