12月の平日18:30閉園の日にディズニーシーに行ってみた

Journal
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、yoshi(@y_mupic)です。

18:30閉園のディズニーに行ってきました。

この18:30閉園の日、ディズニーリゾート年間でみてもぼちぼち存在する日です。

通常の閉園時間は大体21:00〜22:00くらいなので、18:30閉園となると3時間以上滞在時間が短くなってしまいます。

しかし結論としては、私は大満足でした。

この記事では、私が実際に行ってみて感じた、18:30閉園におけるメリット・デメリットをご紹介します。

18:30閉園のメリット

メリットは「空いている」に尽きます。

アトラクションの待ち時間が短い

ソアリン:ファンタスティック・フライトのファストパス(スマートフォン)


空いているので多くのアトラクションに乗ることができます。

私が行ったのは12月6日(金)の平日で18:30閉園の日でした。

平日とはいえ、18:30閉園とはいえ、12月ですよ。クリスマスの時期です。

空いているわけがないだろう…と思って行きましたが、想像以上に空いていました。

アトラクションも普段のピーク繁忙期と比べて全体的に半分くらい待ち時間が短い気がします。

例えばレイジングスピリッツですが、1日通して、60分待ち以上の表示にはなりませんでした。
私は開園直後に最初に乗ったのがレイジングスピリッツだったのですが、その時は待ち時間0分でした笑
こんなレイジングスピリッツ見たことない!って感じです。(年1くらいしかいかない人の感想です)
ちなみに、今この記事を書いている時点(12月日曜日)でアプリで待ち時間を確認すると、160分待ちと表示されています。

ちなみにその後マジックランプシアター(これもFP対象のアトラクション)も待ち時間なしで乗りました。
開園して1時間以内で、ソアリンのFPを入手しつつ、普段だったら60分以上待つ人気アトラクション2つを制覇。

2019年に新しく設置されたアトラクション「ソアリン」は、開園直後から60分待ち、1日通して160分待ちって感じでしたが、
今この記事を書いている時点(12月日曜日)でアプリで待ち時間を確認すると、300分待ちと表示されています笑

ファストパスは開園からいればわりと余裕をもって、なんでも取れます。
人気アトラクションの場合は開園後秒で無くなるイメージですが、全然余裕で取れます。

歩きやすい、写真を撮りやすい


人がゴミのようだ、と思う人混みではないです。

人が多すぎて人酔いする人もきっと大丈夫です。

歩きづらい、と思うほど混んでいません。

人が少ないので、人をあまり気にせずのんびり写真を撮れるというメリットがあります。

ギャラクターグリーティングも待ち時間はやはり少なめです。

ショーもベストポジションでみやすい

イッツ・クリスマスタイム


人が少ないので、ショーの場所取りもそんなに苦労しません。
昼間のショーが目当ての方にとっては最高の日ではないでしょうか。

レストランの待ち時間も少ない

昼食や夕食を食べるのにも並ぶのがディズニー。
お腹空いて疲れている時に、長蛇の列に並ぶのは萎えますよね。

でも18:30閉園の日はやはり人の絶対量が少ないので、レストランの待ち時間も少ないです。

プライオリティシーティングを利用しなくても、人気のレストランにそんなに待たずに入れちゃうかもしれません。

プライオリティシーティングの予約もしやすいです。
SSコロンビアダイニングのプライオリティシーティングは当日昼間に確認しても枠が空いていました。

S.S. コロンビアダイニングルーム

エクストラ・ファン・パスポートを使えば閉園時間を伸ばせる?!

どうしても22:00まで遊びたい!って方は、エクストラ・ファン・パスポートというものがあります。

これは、+2000円で販売されているもので、15:30からもう片方のパークへと行くことができるものです。

短縮営業をしている方の1デーパスポートを持っていることが購入条件となります。

15:30になったら22:00まで開いているパークへ移動することで、2つのパークを楽しめちゃいます。

アフター6パスポート(4,300円)よりも半値以上安く、かつ早く入園できるのでオススメです。

注意点ですが、短縮営業をしているパークではない方のパークは通常時より混み合います。
なぜならば、18:30閉園を嫌がってみんな22:00閉園の方に流れるからです。

また、エクストラ・ファン・パスポートを使って、途中から短縮営業ではないもう片方のパークに流れる人もいるためです。

逆にいうと、これらの要因によって、短縮営業時のパークは空いているといえます。

よって個人的にはエクストラ・ファン・パスポートを使ってもう片方のパークにいくよりも、短縮営業されている18:30閉園のパークで全力で遊んだ方がお得だと私は思います。

上記に書いた通り、「空いている」という最高のメリットを存分に活かした方が良いです。
ディズニーが空いていることって滅多にないですからね!

スポンサーリンク

デメリット

次にデメリットです。

閉園時間が早い

当たり前ですが、閉園時間が早いです。

体力が有り余って22:00まで遊ばないと気が済まない!という人にはオススメできません。

閉園時の現実に戻される感が

夜のショーが一部開催されない

18:30〜に開催されるショーはすべて見れません。
花火も見れません。

夜のショーが目当ての方は18:30閉園の日は避けるべきです。

【ちなみに】なぜ時間が短いのか

19:30~からJCB等の企画で、抽選に当選した方だけが招待される夜間特別営業(貸切イベント)があるためです。

通常のパスポートとは全く別のものですので、これらの企画に当選された人は通常の営業時間には来ない可能性も少なからずあり、それも人混みを減らしてくれる効果に役立ってくれている気がします。

まとめ


結果として、短縮営業の日でもディズニーは最高に楽しいです。
空いていても混んでいても、雨が降っていても、なんだかんだ楽しいのがディズニークオリティですね。

参考:短縮営業時のTDSで私が乗ったアトラクションと観たショー

短縮営業でもこれだけ遊べます!
ちなみに、写真が趣味なので写真を撮りながらわりとのんびり回った結果です。

アトラクション

・レイジングスピリッツ[開園1時間以内:待ち時間0分]
・マジックランプシアター[開園1時間以内:待ち時間0分]
・ブローフィッシュ・バルーンレース[開園2時間以内:待ち時間5分]
・ワールプール[開園2時間以内:待ち時間5分]
・ニモ&フレンズ・シーライダー[午前中:待ち時間20分]
・ソアリン:ファンタスティック・フライト[10:45~11:45FP利用]
・タワー・オブ・テラー[12:20~13:20FP利用]
・シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ[午後:待ち時間5分]
・ジャスミンのフライングカーペット[午後:待ち時間5分]

散策系

・フォートレス・エクスプロレーション
・アリエルのプレイグラウンド

ショー

・イッツ・クリスマスタイム(遠くから鑑賞)
・ファンタズミック!(ミラコスタのテラスから鑑賞)

レストラン

・S.S.コロンビアダイニングルーム[PS利用]
・ホテルミラコスタ オチェーアノ コース[PS利用]

タイトルとURLをコピーしました