【資産運用】Wealthnavi経過報告(1年経過)

【資産運用】Wealthnavi経過報告(1年経過)

こんにちは、Y(@y_mupic)です。

今回は資産運用について。

Wealthnavi(ウェルスナビ)というロボアドバイザーによる資産運用をして、約1年経ちました。
毎月1万〜3万円くらいずつ積み立てし、ボーナスの時は気分で適当に多めに積み立てて、現在は約90万強を運用しています。

この記事では1年経過して現在どんな状況なのか?を簡単にご紹介します。

Wealthnavi(ウェルスナビ)とは

まず、Wealthnavi(ウェルスナビ)とはなんぞやって話です。

Wealthnavi(ウェルスナビ)は、AIを活用して資産運用(投資)を自動的に行なってくれるサービスです。

資産運用と一言で言っても、通常は金融や経済知識を駆使して投資判断を行うことが求められ、経済状況によっては価格が暴落して損をすることもあります。
含み損を抱えると心理状況に不安になり、誤った投資をしてしまい、結果大損となってしまうこともあります。

そんな資産運用をロボット(AI)が自動的にやってくれるのがウェルスナビです。

資産運用をロボットに任せて大丈夫なの?と心配になる方もいるかと思いますが、Wealthnaviは世界水準の金融アルゴリズムで、相場の動向に惑わされず、すべて自動で資産運用を行ってくれます。

ぶっちゃけ素人が勉強もせずに適当にギャンブル感覚で投資するよりかはよっぽどマシです。


Wealthnavi(ウェルスナビ)

運用状況公開

現在の資産運用状況は以下の通り。

+2.31%資産が増えています。

日欧株がマイナスですね。
日欧株がプラスになってるところを正直みたことがありませんが、他がプラスなので結果的にプラスになっている感じです。

注意点

注意点としては、Wealthnaviは「長期・積立・分散」の資産運用を推奨している商品です。
相場によってはマイナスになる時期もありますが、あまり気にしちゃダメです。
長期的にみてプラスになれば良い、銀行に預けているよりはマシ、くらいの大きい心で運用しましょう。
銀行に預けていたら1年で+2.31%なんて無理ですからね。

まとめ

Wealthnaviでの1年経過レポートでした。
銀行に預けるよりマシ、投資の勉強する時間はない、って方はとりあえずはじめてみることをお勧めします。
個別株よりかはよっぽど難易度も低いです。

口座開設は無料ですし、現金を引き出すハードルも高くありません。
必要なのは資産運用できるちょっとした余裕のある貯金です。
最低10万円から資産運用できますので、とりあえず10万円だけ預けて1年間様子見てみるっていうのも良いかもしれません。


Wealthnavi(ウェルスナビ)

Lifehackカテゴリの最新記事