iPad版のLightroomは便利!メリットとデメリットまとめ

Lightroom
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、yoshi(@y_mupic)です。

デジカメで撮影したRAWデータの現像、何でやっていますか?

パソコンでやる人が大半なのかなと思ってるのですが、スマートフォンでやる人も結構多いみたいですね。

僕は出先ではiPad版Lightroomを使ってよく現像作業をします。

今回はiPadのLightroomでの現像作業におけるメリットデメリットをご紹介します。

メリット:Lightroomのクラウド同期が便利

予めRAWデータをクラウドに同期しておけば、モバイル版とデスクトップ版で作業を同期できる点が便利です。

同期される情報は、RAWデータのみならず編集情報も同期されます。

なので、自宅のパソコンで途中まで作業して、その続きを出先でやることも可能なわけです。

もちろんその逆も可能。RAWの現像って溜まりやすいので、出先の隙間時間を有効活用できるのが良いですね。

メリット:出先でも大画面で編集できる

iPhone版のLightroomもありますが、iPadの場合はその大画面を活かして作業ができるのでとても捗ります。

また、iPadに限らずですが、Apple製品のRetinaディスプレイはとても品質が高く、下手に安物のPCのディスプレイで現像するくらいならむしろiPadで作業した方が良いのではないかと思っています。

メリット:Apple Pencilがあればパソコンよりも捗ることも

Apple Pencilを持っていれば、部分補正がパソコンよりやりやすいです。
筆圧もちゃんと感知してくれますので、かなり細かい作業ができます。
マウスでやるよりは効率が良いです。

デメリット:ショートカットが使えない

iPadでの現像は出先ではとても便利なものの、パソコンでの作業と比べると現像作業の枚数を捌くスピード感は欠けます。

同じ設定を複数の写真に反映させたい時、パソコンだったらコピペのショートカットキーで反映できますが、
iPad版だとそのコピペをする手順が面倒です。(ショートカットキーがないため)

自分で作ったユーザプリセットも基本的には呼び出せません。

デメリット:デスクトップ版に比べ機能が制限されている

PC版と比べると機能はいくつか制限されています。
しかし、アップデートを重ねるにつれ、デスクトップ版とモバイル版の差は徐々に狭まっています。

簡易的な現像をするのであれば、十分な機能が備わっていますし、これからもバージョンアップを重ねるにつれ、便利になっていくことと思います。

Adobe Lightroom CC

Adobe Lightroom CC
開発元:Adobe
無料
posted withアプリーチ
タイトルとURLをコピーしました