YAMAHAのTHR10IIを購入!アコギでもエレキでも使える最高の練習用アンプ

音楽機材
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、yoshi(@y_mupic)です。

YAMAHAの超定番ギターアンプ、THR10IIを買いました。
この記事のタイトルに全てが集約されているのですが、アコギでもエレキでも良い音が出る万能の自宅練習アンプだと思います。

ちなみに私が買ったのはワイヤレスモデルではない、THR10IIです。

以下、少し詳しく見ていきます。

アコギを弾くのが楽しくなる

私がこのアンプを買って一番感動しているのはアコギアンプとしての優秀さです。
エレキも良いんですが(後述)、普段アンプを繋いで練習する習慣のないアコギをコイツに繋いでみたらまあ気持ち良いこと。
そもそも自宅でアコギを練習するのにアンプがいるのか?生音で十分な音量じゃないか?と言われればその通りなのですが、それでもこのアンプに繋ぐと気持ちいいんです。
アンプから出力されるサウンドの質が高いというのもありますし、アコギの生音とアンプからの出力音がミックスされた音がなんとなく気持ちが良いんです。エレキアンプにアコギを突っ込むのとは明らかに質が異なり、しっかりアコギ用の音作りになっています。

さらにさらに、このTHR10IIに内蔵されている空間系がとても優秀で、リバーブを掛けるとこれまた最高なサウンドになります。

ソロギターを弾く人で、ネイルアタック、ストリングヒット、スラム奏法なんかを使う人はとても気持ちよく演奏できると思います。

もちろんエレキも良い音


エレキギターもクリーントーンからハイゲインまで、自宅練習用としては申し分ありません。
特にクリーントーンは優秀ですね。
ピッキングニュアンスがしっかり出るので練習には最適です。

クランチからオーバードライブも普通に良い。ジャキジャキ言わせるカッティングも、ロックも大丈夫。

ハイゲインサウンドも弾いていて楽しいです。

ただ、過剰な期待は禁物です。
練習用アンプとしてはもったいないくらい音は良いのは間違い無いですが、特に歪に関しては真空管アンプほどの心地よさはありません。
多分、内蔵されているスピーカー性能が若干ギターのレンジに負けている感じがします。
このTHR10II、Bluetooth接続することで音楽も再生できます。
おそらく内蔵されているスピーカーはギター専用ではなく、オーディオ用のスピーカーだと思われます。
THR10IIはキャビネットシミュレーターが付いていて、専用のスマホアプリからシミュレーションするスピーカーのモデルを選択することができます。
なので、キャビネット特性はデジタルシミュレーションしていて、実際の出音はオーディオ用スピーカーから出力していると考えられます。
これのせいか、歪みを強くしたりトレブルを持ち上げると高音成分が若干ザラつきます。

ただ、それでもクオリティが高い事は間違い無いと思います。
結構多くのプロギタリストも使っているようですからね。

多機能で豊富な音作りが可能

音作りとしては、クリーン、クランチ、リード、ハイゲイン、スペシャル、ベース、アコギ、フラット、と様々な種類の音色が用意されています。

ベースはその名の通りベースアンプとしてベース演奏に使える音作りが可能で、アコギは前述の通りアコギ用のアンプがシミュレートされます。

スペシャルというのはハイゲインサウンドなのですが、”ハイゲイン”チャンネルとは少し違ったトーンになっています。

またこれらに加えて、3つのアンプモード「Modern(モダン)」「Boutique(ブティック)」「Classic(クラシック)」をそれぞれ選ぶことができるため、音作りの幅はかなり広いです。
もはやこの音作りの幅広さは練習用アンプとは言えない高性能さだと言えます。

そしてエフェクターも内蔵されており、モジュレーション系(コーラス、フランジャー、フェイザー、トレモロ)、空間系(ディレイ、リバーブ)があります。リバーブは複数種類存在します。

これら作ったサウンドは記憶が可能です。最大5つ記憶させることができます。

チューナーも内蔵しています。

THRシリーズ、どれを買うべきか?

THRシリーズは最新のモデルで3種類展開されています。

THR10II


THR10IIは私が持っているものです。一番価格が安いモデルになります。
出力は20W(10W+10W)なので、自宅練習用として十分すぎる(近所迷惑にならないように注意が必要)
他との違いは、バッテリー駆動ができないこと、ワイヤレス受信機が内蔵されていないこと、ですかね。
僕はどっちも使わないので、THR10IIを買いました。
勝手な想像ですが、多分THR10IIが一番売れていると思います。

THR10II Wireless


無印との違いは以下。
・THR10IIにワイヤレスレシーバーを内蔵されていること
・バッテリー駆動が可能であること
ちなみにワイヤレスで使うためには別売りでトランスミッターが必要になります。

THR10IIをワイヤレスで使いたいなら、BOSSのWL-20とか、別でワイヤレスシステムを買ったほうが潰しが効くかと思います。

THR30II Wireless


THR10II Wirelessとの違いは以下
・30W(15W+15W)の出力
・「Modern(モダン)」「Boutique(ブティック)」「Classic(クラシック)」の選択が本体操作パネルから可能

音量としては、20W出力のTHR10IIでも自宅練習としては十分な得られます。
ただ、想像するにTHR30IIは15Wのスピーカー(9cmフルレンジ×2。THR10IIは8cmフルレンジx2)が付いており、THR10IIより少し大きいスピーカーのため、こっちの方がレンジは広いんじゃないかなと想像します。

「Modern(モダン)」「Boutique(ブティック)」「Classic(クラシック)」のモードを操作パネルから選べるのは便利ですね。
※THR10IIはスマホの専用アプリからじゃないと切り替えることができません。

まとめ


自宅練習用としてはかなりハイスペックでサウンドクオリティが高く、エレキだけでなくベースもアコギにも使える万能っぷりなので、飛ぶように売れているそうです。
おそらく自宅練習用アンプとして最強ではないでしょうか。

気になっている方はチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました