Twitterに写真を投稿する際の解像度(サイズ)について

Photo
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、Y(@y_mupic)です。

Twitterへの写真投稿時の画質について、以下検証してみました。

・Twitterに写真をアップする際の最大の解像度はいくつか?
・Twitterに写真をアップするときに、より高画質に写真を投稿したい場合はどうすればいいか?

Twitterに投稿できる画像サイズについて

まず、Twitter公式が公開している仕様について記載しておきます。

写真やGIF画像付きでツイートする方法

写真は5MB以下、GIF画像はモバイル端末なら5MBまで、twitter.comなら15MBまで追加できます。
GIF、JPEG、PNG形式の画像ファイルを追加できます。
BMP、TIFFなどの形式の画像ファイルは追加できません。
画像のサイズは、展開したツイートやフォトギャラリーでの表示に合わせて自動的に調整されます。

※2019/08/25確認時点

この仕様からシンプルに読み解けることは、

モバイル端末(Twitterアプリ)からの投稿よりも、Twitter.com(Web版Twitter)から投稿した方が大きいサイズの写真を投稿できる

ということ。

実際どうなのか、JPEGファイルで検証してみました。

Twitterアプリ(モバイル)とTwitter.com(Web)との投稿写真サイズ比較

検証画像

ソース画像の解像度は6000*4000の横画像と、4000*6000の縦画像の2枚。


サイズは以下の通り。

それぞれをTwitterアプリ(モバイル)とTwitter.com(Web)から投稿してみました。

twitter.com(web)から投稿

解像度(幅*高さ)は

・コスモス:4096*2731
・花瓶:2731*4096

画素数にすると11,186,176画素

となりました。4Kの解像度ですね。

それぞれの画像サイズは以下の通り。

上がコスモスで下が花瓶です。

Twitterアプリ(モバイル)から投稿

iPhoneのTwitter公式アプリから投稿した結果が以下。

解像度(幅*高さ)は

・コスモス:2048*1364
・花瓶:1364*2048

画素数に換算すると2,793,472画素

となりました。

幅、高さ共にtwitter.com(web)から投稿した場合の半分となりました。
つまり、画素数でいうと1/4のサイズということになります。

画像サイズは以下の通り。

上がコスモスで下が花瓶です。

twitter.com(web)から投稿した画像と比べるとかなり小さいことがわかります。

結論

Twitterに写真をアップする際の最大の解像度は4096*4096と推測されます。

それ以上のサイズの画像をアップしても自動的に4096*4096の解像度に圧縮されます。

twitter.com(web)からだと上記最大の解像度でアップ可能ですが、iPhoneのTwitterアプリ(モバイル)からの投稿だと半分(2048*2048)となりました。

なので、なるべく高解像度でTwitterにアップしたい場合はWeb版から投稿した方が良いと言えることがわかりました。

ということで、なるべく写真を綺麗に見せたいフォトグラファさんはなるべくWeb版から投稿しましょう。

上記のコスモスと花瓶の画像なんかはまだいいんですが、情報量が多い写真(展望台からの都市夜景とか)だと、見栄え的にも解像度が高い方が有利です。
試してないですが、多分拡大して比較するとディティールがTwitterアプリからの投稿だと潰れてしまうんじゃないかと思います。

最近の多くのスマホやタブレットの解像度は2048より大きいので、それを考慮してもやはりなるべくWebから投稿した方が良いと思います。

注:2019/08/25時点の検証結果です。Twitterの仕様はわりとコロコロ変わるので要注意

補足(Twitter内部処理による圧縮を避けたい場合)

Twitter内部処理による圧縮を避ける方法もあるみたいですが、事前に指定の解像度でPNGに変換したり、透過ピクセルを入れたりと、なかなか面倒なので本稿では割愛します。

タイトルとURLをコピーしました