Apple Watchを使ってみて便利だと感じた点

Apple Watch
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、yoshi(@y_mupic)です。
今回はApple Watch Series4を使ってみて便利だと感じた点をご紹介します。

Apple Watchはまだ発展途上のガジェットだと個人的に思っていまして、そもそもApple Watchで何ができるの?という疑問を持たれている方がまだまだ沢山いるのではないかと思っています。

僕もその一人でした。

もしかしたら自分にとってはいらないものかもしれない…という可能性もありましたが、実際にApple Watchを使ったらとても便利なものでした。

使ってみて便利だと思った点を一つずつご紹介していきます。

便利だと思った点

Apple Pay(特にSuica)

Apple Watchを導入することでSuica(物理カード)やクレジットカードをカバンやポケットから取り出すことなく、コンビニ、自販機、スーパー等で買い物ができたり、電車に乗れるようになりました。

都内なら財布いらずで大丈夫ですね。

Suica、iDやQUICPayで決済する場合、iPhoneの場合は”iPhoneを取り出す”という動作が必要です。
ポケットに入れている場合でも、手が塞がっていたら取り出すのは多少なりとも面倒です。
また女性の場合はバッグに入れている人もいるかと思いますが、その場合支払いのためにバッグから取り出すという動作が発生します。

しかし、Apple Watchだと手をかざすだけ。
認証も不要で決済ができる点も良いです。

慣れというものは怖いもので、一度この便利さに慣れてしまうと元には戻れなくなりそうです。

モバイルSuicaなので、チャージがスマホからできるのが楽ですね。
わざわざ駅に行ってチャージする必要もありません。

ちなみにSuicaはオートチャージというものありますが、この機能は改札通過時にチャージされるものでして、普通の買い物の時はチャージされません。なので、買い物をするときの残高不足には対応できません。

iPhoneは6S以前は非接触型決済が対応していないモデルです。
iPhone6s以前の古いiPhoneをお持ちの方でも、Apple Watch Series2以降を組み合わせて使うことで、Apple WatchによるSuicaやiD、QUICPayでの決済が可能になります。

Apple WatchとSuicaの使い勝手については「Apple Watch×Suica(+定期券)がすごく便利」の記事をご覧ください。

タイマー

タイマーなんて個人的にiPhoneやiPadでは一切使わない機能なのですが、Apple Watchで使うとすごく便利に感じます。

タイマーを有効活用することで、中途半端な隙間時間を有効に使えるようになります。

例えば、会社のお昼休憩とかで20分だけ寝たいってことがあれば、Apple Watchでタイマーをささっとセットしてしまえば20分後に振動で教えてくれます。

何より、音ではなく振動で教えてくれるので(音を鳴らす設定にもできます)周りに迷惑をかけることなく、場所を選ばず使えます。
例えば、電車内で寝過ごし防止アラームとして使えたりもできるわけです。

他には、ダラダラSNSを見る時間が減ります。
中途半端な隙間時間に何か作業を始めてその作業に没入してしまうと、約束の時間をうっかり過ぎてしまったりするリスクがあるため、そういう中途半端な隙間時間は大抵ダラダラSNSをみたりして過ごしがちでした。
でも、Apple Watchのタイマーを活用することで中途半端な空き時間でも安心して作業に集中できるので地味に便利です。

目覚まし


音を鳴らさず振動で起こしてくれるので、起床時間がバラバラな家族に迷惑をかけずに済みます。
また、大音量で起きるより不快感が少ないのもいいですね。

通知

iPhoneをバッグにしまったり、あるいは家にいるときであればリビングに放置していても、通知に気づくことができます。

例えば、モバイルバッテリーを使ってカバンの中でiPhoneを充電しているときなんかだとすごく便利に感じますね。

リマインダー/カレンダー

直近のスケジュールやタスク等をすぐに確認できますし、予定時刻に近づくとiPhone同様に通知してくれるのでこれも地味に便利です。

音楽

音量操作やトラック送りをiPhoneを取り出さずに手元でできるのはやはり便利です。
混んでいる電車内などで大活躍です。

まとめ


Apple WatchはiPhoneやiPadと違って補助ツール的な位置付けだと思っています。

なので、上記の通り、便利だと思った機能の大半はかなり原始的な機能です。

タイマーやアラームなんかは、普通の目覚まし時計やキッチンタイマー、あるいはiPhone標準機能でも事足りるといえばそれまでですが、ウェアラブルガジェットとしていつでも場所を選ばずに使える点に魅力を感じます。

Apple Watchは、なくても問題ないが一度使うと無い状態に戻りたくなくなるガジェット、だなと個人的に思いました。

現在発売されているApple Watch Series4は、Apple Watch史上初のメジャーバージョンアップがされ、画面サイズが大きくなったことで視認性が良くなりました。
また、処理性能も向上し、デザインも洗練され、かなり使えるガジェットになったと感じています。

Apple Watch購入を迷われている方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました