バッグハンガー「Clipa(クリッパ)」が超絶便利な件

Journal
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、yoshi(@y_mupic)です。

飲食店に行った際、バッグの置き場に困ることありませんか?

ラーメン屋の床って、失礼かもしれないですが脂っぽい感じですし、飲食店の床は食べ物が転がっていたりする可能性もあり、あんまりバッグを床に直置きしたくないのが正直なところです。
バッグを入れる箱が備え付けられていたり、余分に椅子があれば椅子の上に置いておけば問題ないのですが、必ずしもそういうバッグ置き場があるとは限りませんよね。

そんな時にめっちゃ便利なのがバッグハンガーというアイテム。
バッグを吊り下げるためのハンガーです。
これさえあれば、バッグを床に直置きすることなく、テーブルや椅子の端っこに引っ掛けておくことができます。

今回は私が使っているバッグハンガー「Clipa2」をご紹介します。

小型バッグハンガー「Clipa2」

私が使っているのは「Clipa2」という、リング状のクリップです。

このようにリュックの取手部分に常時つけています。

どうやってカバンを吊り下げるかというと、リングがパカっと開く構造になっており、

このようにして吊り下げることができます。

対荷重15Kg

15Kgあれば十分日常的な持ち物には耐えられます。

私の中にはリュックの中にはMacBook Pro 13inch、ミラーレスカメラ、交換用レンズ2本、等それなりに重いものを入れていますが、全然問題ありません。

耐久性についても、かれこれ2年くらい使っていますが、全く問題ないです。

少し値段はお高め?ですが、すごく便利なアイテムなので、持っていて絶対損はないかなと。

カバン以外にも折り畳み傘を吊るしたりすることもできますし、汎用性は高いと思います。

以上、ちょっとした便利グッズのご紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました