2018年買って良かったもの(Apple製品、カメラ、音楽機材)

Journal
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、Y(@y_mupic)です。

Apple製品、カメラ、音楽機材、の3種類について、2018年に購入してよかったものをご紹介します!

Apple製品

iPhone XS(SIMフリー)

iPhone 6SからついにiPhone XSへ変えました。
カメラの画質がめちゃくちゃ良くなったこと、Suicaが使えること、ディスプレイの画質がめちゃくちゃいいこと、等iPhone 6Sからの大きな変化を感じます。
あと、回線速度(4G)が地味に早くなりました。
素晴らしい。

Apple Watch Series4

Apple Watchを買ってから、日常生活にちょっとした変革が起きました。
まず電子マネーでの買い物がかなり身近になりました。
都内とその近郊ではSuica、iD、QUICPayがあれば大抵OKなので、財布の出番が減りました。

手首についているアドバンテージは大きいです。
例えばクレジットカードだと

1.ポケットあるいはカバンから財布を探す
2.財布を取り出す
3.財布からクレカを探す
4.クレカを取り出して店員さんに渡す
5.場合によってはサインする
6.クレカを財布にしまう
7.財布をポケットなりカバンにしまう

と地味にプロセスが多いのですが、Apple Watchの場合は

1.腕をかざす

以上の1アクションで済むため最強です。

スマホですら

1.ポケットあるいはカバンからスマホを探す
2.スマホを取り出す
3.スマホをタッチする
4.スマホをポケットなりカバンにしまう

というアクションが必要ですからね。
スマホに関しては僅かの差かもしれませんが、荷物を持っていて手が塞がっている状況だとApple Watchの便利さをすごく感じます。
改札通るときもしかりです。

その他細かいレビューは別途記事を書いているのでご覧ください。
【レビュー】普通の腕時計からApple Watch Series4に買い換えてみた
Apple Watch Series4を使ってみて便利だと感じた点
Apple Watch Series 4をつけたままお風呂に入ってみた
寝るときにおすすめなApple Watchの文字盤について
Apple Watch×Suica(+定期券)がすごく便利
Apple Watchの便利さの真髄はタイマーとアラームにあり!
(いつする?)Apple Watchの充電タイミングについて
Apple Watch対応のおすすめアプリ5選
Apple Watch4のおすすめコンプリケーション!「Fantastical 2」
Apple Watch Series4におすすめ!習慣化アプリ「Streaks」

Macbook Pro 2018 13inch

Macbook Proは2013年のモデルの13インチをずっと使っていました。
5年経った今でもそんなに不便なく使っていたのですが、2018年のMacbook Proはスペックが全体的に大幅に底上げされたので遂に買い換えてしまいました。
2017年までのMacbook Pro 13インチは本当にプロ?と思うようなスペック(デュアルコアCPU、メモリ8GB)でしたが、2018年の13インチモデルはCPU4コア、メモリ16GB、のスペックが標準となっており、13インチにも関わらず、2017年モデルまでの15インチと同等のスペックとなりました。

2017年までのモデルは、15インチはスペックは良いけど個人的に大きすぎ、でも13インチだと低スペック、と言う状況で、さてどうしたものか…と悩んでいたところでした。
突然の発売となったので、高額でしたが思い切って買っちゃいました。

結果、動作はサクサクだしTouch IDはやっぱり便利だしで、大変満足しています。

音楽機材

MODO BASS

初のフィジカルモデリングベース音源。
よく比較対象となる「Trilian」と悩みましたが、
・同音連打の自然さ
・アーティキュレーション(スライド、グリッサンド、スラップ)の柔軟性
・アンサンブルでの溶け込み具合
・音源の容量(軽さ)
を考慮して、最終的にMODO BASSをセールの時にポチりました。

まだあまり使い込めてないのですが、明らかにLogicとかに付属しているベース音源より良い(比較対象がひどいw)ので、良い買い物をしたと思っています。
2019年はガンガン使っていこうと思います。

BIAS FX / BIAS AMP2

こちらは年末の50%OFFセールにつられて衝動買い購入しました。

まだ全然使ってませんが(おい)、少なくともiOS版のBIAS AMPがかなりいい感じなので期待を込めてリストアップ。

2019年にゴリゴリ使っていきます。
そしてまたレビュー記事をアップしますのでお待ちくださいませ。

【レビュー】BIAS FXとBIAS AMP2.0を購入!

BOSSのギター用ワイヤレス「WL-20L」

僕にとって初めてのワイヤレスシステムです。

小さくてあっという間にセッティングできるので、もうただただ単純に、とにかく楽!
シールドを広げて接続して、練習終わったらシールド巻いて…っていうプロセスがないだけで感動。
ワイヤレスイヤホンを初めて購入した時の感動を思い出します。

これを買ってからは、スタジオ練はもちろん、家での練習でもコイツを使っています。

楽という理由が第一に来てしまってアレですが、実際音も良くライブでも確実に使えるので気になる方は試してみてください!

ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」


以前使っていたSHUREのSE215SPEが断線したので購入しました。

SE215SPEはリケーブルができるモデルなんですが、長年のイヤホンのケーブルの煩わしさからおさらばしたいと思い、断線を機にワイヤレスに乗り換えました。

この「Jabra Elite 65t」のいいところは、AppleのAirPodsに使い勝手が近いところですね。
片耳を外すと再生停止されます。
ペアリングも簡単です。

詳しくはこちらをどうぞ!
完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」レビュー

カメラ機材

去年α6500とレンズ2本を買ったので、今年はカメラ機材への投資はあまりしませんでした。

Velbonのミニ三脚「ULTRA 353mini」

軽くて小さくて持ち運びがしやすい三脚を探し求めて、これを購入しました。
夜景を撮るときにやっぱり三脚があると便利なのですが、如何せん三脚は嵩張るし重いしで…。

このVelbonのミニ三脚は、折りたたみ時は500mlペットボトルよりも小さく、軽いです。
その代わり、脚を伸ばした時の高さはそんなに稼げません。(全高477mm)
ただし、軽くて小さいので手頃な都合の良い台が近くにあればそれを利用して上に置いたりすれば高さの問題は解決できます。

逆にローポジションから撮影とかにも使えるので、このサイズ感だからこそできる撮影もあるかと思います。

Off tocoカメラバッグ

今までカメラバッグというものを持っていなかったのですが、たまたまLOFTで見かけたバッグが大変良く、購入してしまいました。

ELECOM社製の機能性抜群でカジュアルなデザインのカメラバッグ”off toco”です。

ELECOMというとマウスとかキーボード等のパソコン周辺機器のイメージが強いですが、こういうものも作ってるんですね。
しかも予想外(失礼)にオシャレです。

詳しいレビューは以下をご覧ください。
普段使いもできるカメラバッグ”off toco”「DGB-S041BK」をレビュー

NDフィルター ND400


明るいところでスローシャッターを切りたいときに役立つNDフィルター。
ND16は持っていたのですが、超快晴の時はND16だとスローシャッターはできない(絞り開放で白飛びを防ぐ効果はある)ので、超快晴時もスローシャッターができるように濃い濃度のフィルタ(ND400)を購入しました。
ND400なので、8と2/3段分絞った状態に相当します。シャッタースピードをNDフィルタなしの状態と比べて400倍遅くすることができます。
露出一定の場合、1段絞るとシャッタースピードは2倍にする必要があります。
同様に、2段絞ると4倍(ND4)、3段絞ると8倍(ND8)、4段絞ると16倍(ND16)…(中略)…8と2/3段絞ると400倍(ND400)という計算です。

上記作例はシャッタースピード2秒で撮影。(絞りF18)
もうちょっと長秒にして水面を滑らかにしたかったのですがまぁこんなもんかなと。

まとめ:2018年買って”一番”よかったもの

ズバリ、Apple Watch Series4です!
iPhone XSやMacbook Proは元々持っていたので単なるスペックアップでしかないですが、Apple Watchは0を1にする変革を日常生活にもたらしてくれました。
これなしの生活が今となっては想像できないです。
それくらい買ってよかったと思える良い買い物でした。

タイトルとURLをコピーしました