ジャバを使って風呂釜(配管)を洗浄してみた

Journal
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、Y(@y_mupic)です。

お風呂の追い炊きをすると、褐色のワカメ状のゴミがプカプカ浮かんでくるようなことってありませんか?

私の実家の風呂がまさにそんな状態になりまして、とてもじゃないけど気持ちよく入浴できる状態じゃないので、お風呂の配管掃除をしてみました。

今回使ったのがジャバ。


汚れを溶かして洗浄するタイプの洗浄剤です。
今回は実際に1つ穴用を使って洗浄してみたのでレビューしてみます。

ジャバを使って配管を洗浄する手順

穴上5cmまで水を溜める


水を溜めます。
穴のだいたい5cmくらい上まで水を入れます。
なお、この後の手順で追い炊きをするので、入れるのはお湯ではなく「水」が良いです。

※上の画像だと2つ穴に見えますが、我が家の浴槽はかつては2つ穴だったのですが、湯沸かしが数年前に壊れて、1つ穴に変更しました。上の穴は塞いであり使われていません。

こんな感じ。5cmきっちりじゃなくていいと思います。だいたい。

水にジャバを入れる


さて、いよいよ洗浄剤を投入します。

しゅわしゅわ言いながら溶けていきます。
かき混ぜ棒があれば、気持ちかき回してあげると良いと思います。

追い焚きする


追い炊きスイッチON!!
追い炊きをする目的は洗浄剤を配管内に吸い込ませて循環させるためです。
10分くらい追い炊きすれば大丈夫です。

1時間くらい放置する


時間は適当です。
10分と書いてありましたが、汚れがひどい場合は長めにして良いとのことらしいので、今回は1時間くらい放置しました。

排水して、すすぎ

ゴミが溶けて配管の中が除菌されているはずなので、排水をします。

そしたら再度、穴上5~10cmまで水を溜めて、10分くらい追い炊きをします。
配管の中に残っている洗浄液をすすぐためですね。

終わったら排水して完了!

洗浄した結果

実は2018年末にジャバを使った掃除をしてまして、その後2ヶ月くらいはゴミがだいぶなくなりました!
効果は結構あります!

しかし、3ヶ月経過した今月、またゴミが目立ち始めたので今回再度実施した次第です。
ちゃっかり、リピーターです。使用経験、実績ありです。
なので、オススメできます。

ジャバの説明書にも書いてありますが、1~2ヶ月の定期的な洗浄を推奨しているそうです。

ジャバを使うと目に見えるゴミだけでなく、目に見えない雑菌も除菌できるので少し面倒ですが定期的にやったほうが健康的なお風呂ライフを送れるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました