【レビュー】Magic Keyboardスペースグレーを購入!

Mac
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、yoshi(@y_mupic)です。

先日Macbook Proに外部ディスプレイを取り入れたことにより、外付けキーボードも必要となったのでAppleのMagic Keyboardを購入。

色はスペースグレー。
以下、写真付きで簡単にレビューしてみます。

デザインがかっこいい


どのメーカーも必然的に似たようなデザインになるはずのキーボード。
なぜAppleのキーボードはこんなにもかっこいいのでしょう?

ただのキーボードなのに、なぜ洗練されたデザインと感じてしまうのだろうか。

たぶんこのスペースグレーという色合いと、薄型で余計な装飾がないシンプルなデザイン、そしてアルミニウム素材の高級感がそのオーラを放っているのだろうと思う。

テンキーはなんだかんだ便利


テンキーがあると机のスペースをとってしまうというデメリットがある。

しかし、数値を入力する場合はやはりテンキーがあった方が入力は捗る。
僕の場合、テンキーであれば数字のブラインドタッチができるが、テンキーでない場合の数値入力は手元を見てしまう。
エクセルやNumbersで数値を入力する機会があるので、やはりテンキー付きの方が有難い。

ちなみに、スペースグレーはテンキー付きしかないので、スペースグレーが欲しい人はその点は飲み込むしかない。

使い勝手をチェック

打鍵感


一部のMacbook Proに採用されている「バタフライキーボード」に比べるとやはり扱いやすい。
キーストロークは浅いのだが、個人的にはちょうど良い浅さ。
バタフライキーボードの浅さも個人的には嫌いではないが、多少のキーストロークがあった方がなんとなく気分がいい。
あと、バタフライキーボードより打鍵音は静かなのが良い。

とても薄型のキーボードではあるが、ちゃんと角度も付いているため、打ちづらいということも特に感じない。

スポンサーリンク

接続

Apple純正製品なので、Apple製品との相性はいうまでもなく抜群である。

最初のペアリングは付属のライトニングケーブルで接続することで完了する。
以降は、何かキーを押すと勝手にペアリングされる。


右上に電源スイッチがある。
電源スイッチがオンの状態で、何か任意のキーを押すと自動的に接続される。

また、iPadやiPhoneのiOS機器でも使えるのが良い。

ただし、マルチペアリング対応製品ではないので、デバイスを切り替える際はBluetooth設定からペアリングを毎回しなければならないのが面倒ではある。

しかし、このテンキー付きキーボードは持ち運びには適さないため、iPadやiPhoneに使うことはあまりないと考えている。やはり据え置きのMacやMacbookに使うのが一番適していると思う。

バッテリーライフ

バッテリーは一度満充電すれば1ヶ月持つらしい。
上部にLightningケーブルジャックがあるので、そこに接続することで充電が可能。

また、充電しながらの使用もできるので、バッテリーがなくなって困ることは滅多にないと考えられる。
何度も述べているが、テンキー付きキーボードゆえ据え置きとして使うことが一般的であり、持ち運ぶことはあまりないと考えられるため、なおさらバッテリーについてはほとんど気にしなくて良さそうと言える。

まとめ


まあとにかくスペースグレーかっこいいに尽きる。
Macbookのスペースグレーと全く同じ色なので、購入を検討されている方でスペースグレーのMacbookのお持ちの方は、Macbookのキーボードをご覧いただければデザインのイメージが湧くかと思う。

デザイン性はまさにMacbook Proのスペースグレーからキーボード部分をそのまま持ってきたという感じである。

とはいえ、打鍵感はMacbookのそれとは全く別物。
一部Macbook Proのようなバタフライキーボードとは異なり、パンタグラフキーボードのため打鍵感は良好であり、打鍵音も静かである。

Apple製品を使っている方なら、Magic Keyboardを買うのがなんだかんだ幸せな選択肢だと思う。

タイトルとURLをコピーしました