【コスパ抜群!】K&F CONCEPTの可変NDフィルターをレビュー

【コスパ抜群!】K&F CONCEPTの可変NDフィルターをレビュー

こんにちは、Y(@y_mupic)です。

NDフィルター、使ってますか?
天気の良い屋外で、レンズの絞りを開放で使いたいときに役立ちますね。
普通に絞り開放にすると明るすぎて白飛びしてしまいますが、NDフィルターがあれば光を軽減できるため、絞り開放にして白飛びせずにボケのある写真撮できるというメリットや、昼間でもスローシャッターでの撮影ができたりと、写真の表現を広げるためにかなり便利なNDフィルター。

しかしNDフィルターにはいろんな濃さがあり、それらを揃えるのって大変ですよね?
付け替えるのも面倒だし。

そんなときに役立つのが可変NDフィルター。
レンズのフォーカスリングを回す要領でNDフィルタの濃さを変えられる優れものがありますが、とにかくお値段が高くハードルが高いのが難点です。
安いやつはケラレたり、色味がおかしくなったりしますから、下手に安いのは買えない。
フィルターごときで数万円って、下手したらレンズが買えてしまう。。

さて、この記事ではそんな悩みを吹き飛ばすコスパ抜群のNDフィルターをご紹介します。

K&F CONCEPTの可変NDフィルター

フィルター径によって値段は異なりますが、Amazonで4,600円〜7,000円くらいで販売されているK&F CONCEPTの可変NDフィルターがコスパ抜群です。

僕が買ったのはSIGMA 16mm F1.4 DC DN(ソニーEマウント用)に67mmのものを買いました。

今回はND2〜ND32の濃さのものを買いました。

これくらいの幅があれば、動画撮影にも使えるし、滝とかでの長秒撮影にもある程度対応可能かと思います。

こちらが実物の写真。
パッケージはしっかりとしており、ちゃんとケースも付属しています。

ケースから出すとこんな感じ。普通の薄型のフィルターですね。

横から見るとこんな感じ。
フィルターを回すことによって濃さが変化します。
回す時の感覚ですが、フィルターを取り付ける時と同じような力加減ですかね。
そんなにチープな感じもしませんし、回しづらいということもありません。

実際にSIGMAのレンズに取り付けてみました。
ND2の一番薄い状態です。

こちらが一番濃くした状態。

作例

ちゃんとした作例は順次載せていきたいと思いますが、まずはどの程度ケラれるかをテスト撮影してみました。

ND2相当

ケラレなし。

ND4相当

問題なし。

ND8相当

左上と右下がわずかにケラレている??

ND16相当

おっと・・・・

ND32相当

Oh…

まとめ

今回試したレンズがSIGMA 16mm(35mm換算24mm)の広角レンズだからというのもあるかもしれません。
濃度を濃くすると左上と右下がケラレてしまいました。
ND16までは”味”として許容できますがND32のケラレ方はちょっと耐えられないですね。。
とはいえ、可変NDフィルターでこの価格の安さでここまで健闘しているので、なかなか優秀ではないかと思います。
Amazonのレビューを見てもケラレていないというレビューが多くあるので、多分広角レンズじゃなければ大丈夫なのかもしれません。

気軽に可変NDフィルターを試してみたい方は、購入してみる価値はあるかと思います。

カメラ機材・アクセサリカテゴリの最新記事