Macbookにキーボードカバーをつけるメリットを語る

Mac
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、yoshi(@mupic_net)です。

Macbook Air/Proにキーボードカバーってつけてますか?
私は今まで「つけない派」でした。
なぜなら、キーボードカバーがMacbookの排熱を妨げてしまうから。
でも2020年から発売されているM1チップのMacbookはほとんど発熱しないため、気にしなくて良くなりました。
なので、キーボードカバーをつけることにしました。
今回はキーボードカバーをつけてみてよかったと思ったことを書いていきます。

私がつけているキーボードカバーについて


こちらです。

非常にシンプルなパッケージ

キーボードカバーなし


キーボードカバーあり


キーボードカバーをつけるとうっすらフィルムかかってる感がありますが、デザインが大きく損なわれることはないです。
すごく薄いので、タイピングがしづらくなる感じもあまりないですね。
ちゃんと凹凸も感じるしホームポジションのポッチもわかるので、不便はしていないです。

キーボードカバーをつけるデメリット

まずはキーボードカバーをつけるデメリットを書いてみます。

デザイン性が失われる

まず一つあるのが、デザイン性が若干失われること。
これは仕方ないですね。物理的にフィルムを上に載せているのだから。
私がつけているキーボードカバーは完全な透明ではなく、少し曇っている感じになっているので、美しさはすこし失われている感じがします。ただ、これはメリットでもあります。(後述)

排熱を妨げてしまう

これが一番大きいです。
Macbookにストレスを与えてしまう行為なので、正直M1搭載以前のMacbookを使っている方にはオススメできません。

ただ、M1搭載のMacbookだと全然発熱しないので、このデメリットは無視して良いかなと思っています。

キーボードカバーをつけるメリット

実際につけてみて感じたメリットを書いてみます。

清潔感がある

デメリットのところで「デザイン性が失われる」と書きましたが、それ以上に清潔感を得られるため、トータルとしては美しく保てます。

私が使っているキーボードカバーは完全にクリアで透明なものではなく(透明なカバーってあんまりみたことないけど)少し曇ったフィルムなんですね。

これによって、キーボードが脂でテカることがなくなります。

また、アルコールを染み込ませた布で気兼ねなくキーボード面を拭くことができます。
これ、コロナ禍でめっちゃ重要。

みなさん知っていると思いますが、キーボードってめっちゃ汚いんですよ。
雑菌だらけで、トイレより汚いっていいます。(ちなみにスマホも相当に汚いです。)

Macbookの内蔵キーボードを直接アルコールでガシガシ拭くのは躊躇われますが、キーボードカバーであればガンガンアルコール除菌できます。
気になれば、キーボードカバーを水洗いもできます。
結果的に、清潔感が保たれます。

よって、デザイン性は若干失われるかもしれませんが清潔感という要素を加えてトータルで採点すると、キーボードカバーをつけた方が美しい、と僕は感じています。

故障率を下げられる

このメリットは、排熱問題をクリアしている(M1搭載Macbook)であることが前提です。
キーボードカバーをつけることによって、キーボードの隙間にゴミが入り込んだり、水分が入り込んだりするリスクが低下するため、故障する可能性が低くなります。

リセールバリューが上がる

キーボードトップの摩耗を防げますし、綺麗な状態をキープできるため、買い取ってもらうときに有利になると思います。

まとめ:M1のMacbookを使っているならみんなキーボードカバーつけろ!

コロナ禍だからこその私からのアドバイスです。
昔だったらそんなに気にしないのですが、こういうご時世だからこそ、清潔感を大事にしたい。
だから、M1のMacbookを使っているのであれば積極的に使って良いアクセサリだと個人的には思っています。

タイトルとURLをコピーしました