私がMacbookと一緒に使っている周辺アクセサリ紹介

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、yoshi(@mupic_net)です。

今回は私がMacbook Airと一緒に使っているアクセサリ類をご紹介します。

キーボードカバー


キーボードが経年でテカってしまうのを防ぐためにキーボードカバーをつけています。
以前使っていたMacbook Proを下取りする際に、キーボードがテカってしまっていて、拭いても取れなかった経験があり。。

とはいえ、キーボードカバーって、排熱を妨げるものとなるので慎重にならなきゃいけないんですよね。

でも、私が使っているのはM1チップ搭載のMacBook Airであり、M1チップはほとんど発熱しないため、キーボードカバーをつけても問題ないと判断して、今回はつけることにしました。

キーボードカバーなし

キーボードカバーあり

タイピング時の違和感はほとんど問題ありません。すごく薄いです。
見た目が少し変わりますが、美しさが大きく損なわれる感じもないですね。

充電アダプタ

AUKEYの極小30W充電器「PA-Y19」

AUKEY 充電器 USB-C急速充電器 アダプタ30W GaN (窒化ガリウム) 採用 折畳式/PD3.0対応 iPhone XS/XS Max/XR/X、GalaxyS9、MacBook Pro、iPad Pro、Nintendo Switchその他USB-C機器対応 PA-Y19 ホワイト
AUKEY

Macbookのりんごマークサイズ

見よ、この小ささ!
外に持ち出す充電器はこれですね。
30Wなので、Macbook Airの充電用としては十分です。
一応Macbook Proも充電可能なので、Macbook Proユーザでも、外での応急用としては必要十分だと思います。

RAVPOWER 65W充電器「RP-PC133」


USB-A + USB-Cの二口が装備されている充電器です。
こちらは自宅で時々使っています。
USB-CでMacbook Airを充電し、USB-Aでスマホを充電しています。

外部モニタ

BenQのSW270Cを使っています。

このディスプレイの何が最高って、USB-Cケーブル1本で全て完結すること!

USB-CケーブルでMacbookを繋げば、Macbookの映像/音声がディスプレイに出力されることはもちろん、60W給電もされます。
さらに、ディスプレイ側にUSB3.0が2口あるので、パッシブタイプ(バスパワー)のUSBハブと、給電タイプのUSBハブを接続し、マウスやキーボード、オーディオインターフェース、MIDIキーボード、外付けHDD、を繋いでます。


USB-C1本刺すだけで周辺機器全てが接続され、充電され、映像も出力される!

最高です。

BenQのカラーマネジメントモニタSW270Cを買ったのでレビュー!

キーボード

Realforce for Macを使ってます。
3万円くらいする高級キーボードですが、打ち心地は最高です。

REALFORCE for MacをWindowsで使えるか試してみた

マウス


場所を取らないかつ手首に優しいトラックボールマウスを使っています。
慣れるまで少し時間かかりますが、慣れたら普通のマウスを使う気にならなくなります。

LogicoolのトラックボールマウスMX ERGOがすごく快適なのでレビュー

オーディオインターフェース


M1 Macを使う以前はRolandのQuad-Captureを使っていました。
Quad-Captureの方がオーディオインターフェースとしての質は良いのですが、M1に非対応なので買い替え。
ちょうどミキサーが欲しかったので、オーディオインターフェースを兼ねたミキサーのYAMAHA AG06を購入しました。

オーディオインターフェースとしてはQuad-Captureと比べて劣りますが、総合的には満足です。

スピーカー


YAMAHAのMSP5 Studioというアクティブスピーカーを使っています。
DTMのモニタリングに使える定番機種です。
もちろんリスニング用途でも使えます。
映画鑑賞やPS4でのゲームプレイ時でも使ってます。

タイトルとURLをコピーしました